閉館した 「InterMission 」より拾い集めましたものと 新しいものがあります。 カテゴリーを選択していただきますと、大項目が表示されます。 その中に複数の詩が納まっております。


by 春

何の為に?

私を繋ぎとめる理由は何?

私は独りで闘っていた

毎晩忍び寄る足音に怯え

タクシーを呼び

街へ逃げた

どれだけの恐怖だったと思う?

もう昔のことだから忘れることにしていたのに

あなたは今 誰を全力で助けているの?

電話から漏れた名前はその人じゃなかった

ベッドの中で私を抱きしめて話しかける内容は

明らかに私あてのものではなかった

もう責めたりしないから

その人の元に行ってください

すきだったのよ ほんとうに

ありがとうっておくりだしてあげるから

もう 抱かないで
# by sakura-747 | 2015-04-21 00:27

それでも


それでもきみがすき

ほそくなってしまったきみのうでにだかれてねむりたい

それでもきみがすき

コーヒーとひきかえに あたまなでなで してほしい

それでもきみがすき

それでもきみがすきだから まだきずがなおらない

それでもきみがすきだから たぶんずっときみからはなれない
# by sakura-747 | 2015-01-26 16:07 |

君は知っている

君は知っている
君は理不尽だ
君は同じことを何回も私にしたことがある

君は知っている
君は理不尽だ
私がすれば隅に追い詰める

君は知っている
君は理不尽だ
私が泣きそうに言い訳すれば人間のクズ呼ばわりをする

君は知っている
君は理不尽だ
私が言い訳をしなければ躾に成功していることに気づく

君は知っている
君は理不尽だ
私がまだ傷ついていることに慌てている

君は知っている
君は理不尽だ
私は真心を踏みつぶされてもまだ愛することをやめないことに期待している

君は知っている
君は理不尽だ
私が 優しい嘘も 可愛い嘘も 裏切りの嘘も すべて看過してきたことに甘えている

君は知っている
君は理不尽だ
そして私が ある日すべてを感謝と思い出に変えてしまうことも過去に見たはずだ

君は知るべきだ
君は理不尽だ
# by sakura-747 | 2015-01-26 15:56 |
街を越え 稜線みちびく頂きに 立って眺めん 大海の船
# by sakura-747 | 2015-01-26 15:44 |

転機

あちらを立てれば 此方が立たず。

そして 我が胸に 何かを突っぱねる程の熱もない。

恩と責任にのし掛かられ
出口が見つからない気がしている。

とっくに 解は出ているのに。

そこまでのつもりはなかった。

ゆっくりやりたかった。

気まぐれに付き合いきれずに、疲れて捨てた絆。

でも 傷ついたのは我が心。

ふわりと救ってくれた手は まるで羽根布団のようで 居心地が良かった。

楽しみながら心癒やせるひと時の為に

日々の労働はさほど辛くなかった。

やっと 傷も癒えてきて
絆も消えたわけではなかったことに安堵した。

この余裕は
周囲の着実な変化への気づきと自己への焦りをもたらした。

だからこそ
今はゆっくりがいい。

我が行く道の地図の描き方がわからないから。

方法を探しているところだから。

だから重い荷物は背負わせないで。お願いだから。

突っ走らないで。
圧さないで。
引っ張らないで。

何処へ連れていかれるの?
もうこの列車からは降りたいのに。

言い出せない。

同じことを繰り返したくないから。

言い出せない。
まだ何も決めていないから。


あぁ、ひとり波に浮かんで空を見つめ、太陽を浴びたい。
砂浜に流れついたら
涙も乾き、風に誘われ歩き出す。

街に戻ったら聞いてみるのさ。素直になって。

恥ずかしいけれど
カッコ悪いかもしれないけれど

我が想像程に人は紳士でもなければ淑女でもなく同じ人間。

むしろ失敗の大先輩。

トンネルの抜け方も
汚れた顔の拭き方も
ヤツなら教えてくれるだろう。

梅雨はやがて明ける。



-----------------------------------------------------------------

恩ある会社の若き先輩へのエールです
# by sakura-747 | 2012-07-03 01:31 | 散文


母が父にねだって買ってもらったという白いギター

屋根裏部屋から見つけ出し こっそり爪弾いた

古めかしい教本の 禁じられた遊び

何でもこなす母の数少ない挫折は 

このギターと 中学生時代の戀

複雑な想いでギターを元に戻した


10年後 彼女は言った

ねぇ 弾けるようになってよ ギター


そして もう一度聴かせてと リクエストしたのは

Wishing Well 


今は寝たきり 口も利けないあなたに届けます

少しでも長く生きていて

一緒に聴きましょう Wishing Well

本当はエレキを弾けるようになりたかっただなんて

お嬢様のあなたの口から出るとは思わなかった


Wishing Well・・・・・
# by sakura-747 | 2012-05-18 22:57 |
人事異動がありました。

昨日が最終出勤日でした。

あまりに捌けた様子の自分を斜め後ろから見つめながら当日を迎えました。

嬉しい異動には間違いがないからですが、
こんなにも坦々としている自分が機械的に見えました。



夕方5時、挨拶の時間がやってきました。



「みなさん、お疲れ様です。」・・・・【分離礼】 は、このグループでは私だけ。

いつの間にかつられてやってくれるようになっているスタッフに、感謝の気持ちが湧きます。

そして、異動の旨を伝え、感謝の言葉を伝えようと息を吸い込んだと同時に、信じられないほど
声が上ずり、泣かないで話すことだけに注力しなければならないことに気が付きました。



入社した頃は、Bチームのあたりに座っていました。

みなさん、とてもやさしくて、時に励ましてくださったり、温かい言葉をかけてくださいました。

ロッカールームで、そっと飴を渡してくださったこと、慰めの言葉をくださったこと、
今も忘れずにいます。

みなさんの笑顔が見たくて、それだけを楽しみに出社していたところがございました。

感謝いたしております。


そして、Aチームのみなさん、本当に、沢山のことを教えくださり、ありがとうございました。

異動先は目と鼻の先とはいえ、なかなかすれ違うのも難しいかと思います。

ですが、みなさんの一所懸命に働く姿を、私は忘れないで頑張ります。


今回の異動先は、私の今の生活スタイルに合った勤務形態なので、
非常に有り難いことと思っています。

どうかみなさんも、お身体に気を付けて、頑張ってください。




と、スタッフに対しては、どんな時も、笑いを忘れないはずの私は完全消滅し、
ボロボロでございました。


お別れに買ったお菓子は、スタッフ一人一人に自分で配る予定でしたが、
泣くことが決定した為、人に配ってもらいました。


スタッフの帰り際、お別れの言葉を言いに来てくれました。


営業系の現場の時ほど、情はうつっていないと思っていましたが、
「かわいいなぁ」 この言葉につきました。

ここ数日元気のない直接みていた子が、さびしいと涙目で言います。
もう一人は、明日からどうすればいいのかわかりませんと。

別の一人はわがままばかり沢山言いました。ごめんなさいと言います。

これ、お願いしますと、付箋に連絡先の電話番号・メアド・今度飲んでください!というメッセージを書いてくれる子たち。

今年は祝勝会やりましょうね!(Byライオンズファン)とか、
真逆にシリアスなメッセージもありました。

全員♀ッスけど。(笑)


今日は、贈り物やメッセージの一つ一つを手に取りながら、馬鹿みたいに泣きました。

加齢のせいですかね。

否めない。
# by sakura-747 | 2012-03-17 23:53 | 散文

彼へ


なにも変わらない景色

今日は少しあたたかいね

近所の神社を後に どこへともなく歩き出す


隣の駅前まで歩いてみない?


白い羽織と母から借りた道行を着て

少し浮かれた気持ちで彼を誘った



いいよ

途中 いつものように 彼はジュースの自販機の前で止まる

何がいい? と聞くときの彼は まるで幼児を連れた父親のような

年の離れた兄のような顔をする



おそらくは 私がこんな表情をすることを 

だれも想像できないし それでよいと思っているが

自分でも可笑しくなるほど子供っぽいはずである



むかし みんなで立ち寄ったカラオケ屋さん

みんなで食べたアイスクリーム

あの時は こんな表情は見せなかったし

見せられなかった



ショッピングモールの中で

ふたり 生鮮食品の産地を確認しながら買い物をする

日用品売り場では 念願のキョーセラのフライパンを購入した



ラーメン食べたいね

シンプルな昔ながらの醤油か はたまた白湯が好みのふたり

最近の若い味覚にはついていけない骨董品のようなふたり

結局家にもどって わたしのナンチャッテお節とお雑煮を食べた



休みはすぐに終わってしまう

けれど  久しぶりに ゆっくりふたりで眠ることができた

一番しあわせな時間 

もっと長い休暇が二人にあればよいのにと思いながら

頭に過ぎった仕事を吹き飛ばし

彼の手を握り返す



あけましておめでとう

大好きな Darling 
d0145084_21123727.jpg

# by sakura-747 | 2012-01-02 21:12 | 散文

世界の終りに

d0145084_2022720.jpg



強い揺れに 身体を震わせ目覚める私を

貴方はぎゅっと抱きしめ 囁いた


大丈夫

このままふたり抱き合ったまま崩れ死ぬのなら 何も問題はない


私は頷き 再び眠りについた
# by sakura-747 | 2011-07-02 20:55 |

LOOP


君の嘘を採点し
波立つのを沈め
心を空にして眠りについた

愛しいはずの君の頭を撫でることができず
反対側を向いて
何もかも気のせいであればよいのにと
悪夢ではない現実にただ打ちひしがれた

だれかほかの人と人生を遣りなおす気力もない

楽しい生活ができても
私が然程愛せない現実を相手が知ってしまった時
その暮らしはまた終止符を打たざるをえないだろう

私が守り抜いてきたものに敵うものと
同質なものを求めること自体が間違いなのかもしれない

時間をつくるという行為が
忙しい君にとって一番の愛情行為であることを
私は君との歴史の中で知っている

だから 君の興味の対象の真ん中に自分がいないことがよくわかる

君が当たり前に思う私の愛情は
当たり前のものではないのだよと
ずっと忠告してきたけれど

多分当たり前の普遍的なものなんだ

君は賢いね

古くなった人形を朽ちるまで置いておいて
次は甘いもの好きのベビードールを守って生きてゆく

人形には意思があり
君が思うほど世間の評価は低くないから
どこにだって貰われる可能性はあるけれど

肝心の人形の意思は
もう ほかのだれにも興味がないから 動くことができない

君が好きだ

君が好きだ

なぜ機微に敏感すぎる私と知っていて 
証拠を残して帰ってくるの?

君が好きだから

他からの愛情は一切排除して
君しか見ないで生きてきた

君が好きだから
君が同じように私を好きかといえば
そんな保証はないよ
知ってるつもり

けれど

私が崩壊してしまうのを待って
甘い毒を盛り続ける理由(ワケ)はなんなの?

愛せないなら 静かに終わりにしてくれればいい
勿論 その悲しみに耐えられないかもしれないけれど

なんの為に繋がれているのか理解ができない暮らしを
このまま続けて狂ってしまうよりは
死ぬ前の後悔が少ないかもしれない

君が好きすぎて
私からは切り出せない

君が好きすぎて
それでもまた 君が私だけ見てくれる日が
いつか来るのではないかと
どこかに期待をしてしまう

苦しい

苦しい


好きだから 君を やめられなくて
# by sakura-747 | 2011-02-03 08:45 | うたの破片